カメラ・レンズレビュー

【富士フイルム】Touitを紹介したい①(Touit 1.8/32)

どうも!いつもご覧いただきありがとうございます!

カールツァイスの写りに虜になっている人、オサム(@OSamphoto1)です。

Touitを紹介したい

TouitはカールツァイスのAPS-Cレンズの名前です。カールツァイスは、ドイツの老舗のレンズメーカであり写りの良さでが有名で、Touitにもそれが反映されています。特に富士フイルムユーザだと、同じ画角のXF35mmF1.4と比較してどうなのか、が気になるのではないでしょうか?ただ、あまりに購入者がおらず、特徴が纏められていないのかなと思います。そこで、自分なりにまとめて下記差があると思いました。

  • 立体感/解像感のある描写
  • 色ノリの良さ
  • 芯の残るボケ味
  • AF速い
  • 被写体にやや寄れない(但し、テーブルフォトは可能なレベル)

前半3つはカールツァイスの特徴でもあります。芯の残るボケ味は、場合によっては欠点になるかもしれません。ただ、立体感と色ノリの良さは格別で、XF35mmF1.4の”映さない”描写に不満を感じる人は、Touit 1.8/32を好きになれるのではと思います。

AFは、XF35mmF1.4と比べて早いだけでレンズとしては普通です。被写体に寄れないため距離をおく必要はありますが、テーブルフォトは可能です。

作例

ご参考までに拙作を。全て撮って出しです。

1.このレンズは花を綺麗に撮れる気がします。
fuji-036-DSCF9449
2.芯の残るボケ味のお陰で、ボケつつも花の形がうっすらと分かります。
fuji-036-DSCF9498
3.VelViaだと色ノリの良さがさらに際立ちます。
fuji-036-DSCF9491
4.MCEX-16を使ってマクロ撮影。雌しべの粉をしっかりと解像します。
fuji-036-DSCF8749
5.ピンボケですが色が好きだったので。
fuji-036-DSCF9458
6.Acrosで撮った何気ない風景。建物をしっかりと描写しています。
fuji-036-DSCF8836
7.開放だと、玉ボケはレモン形になります。そこは残念です。まあ絞ればいいんですけど。
fuji-036-DSCF9220
8.Velviaで。雌しべに立体感があります。
fuji-036-DSCF8888
9.とにかく色が良いと思うのです。
fuji-036-DSCF8762
10.寄れないレンズですが、ラーメンくらいなら撮れます。
fuji-036-DSCF0028
11.Acrosと相性が良くて味のある絵になる気がします。
fuji-036-DSCF0330

12.ピカチューだって捕まえられるんだぜ!(笑)
fuji-036-DSCF0185

★お願い★

この記事を少しでも良いねと思ったら、記事内のボタンを押してTwitterなどへシェアをお願いします!飛び上がって喜びます!

created by Rinker
カールツァイス
¥68,558
(2019/10/18 15:09:42時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
富士フイルム
¥8,440
(2019/10/18 15:09:43時点 Amazon調べ-詳細)