カメラ考

Rethink:YouTuberやブロガーの発信責任について

どうも!いつもご覧いただきありがとうございます!

富士ラブな人、雄佐武(@OSamphoto1)です。

今回は社会派記事です。

特定の誰かに対する誹謗中傷の記事ではありません。ご注意を。

‪嗚呼、SIGMA105/1.4‬をα9で使いてえなあ

‪SIGMA105/1.4‬はとても素晴らしいレンズでGFX50Sと組み合わせて使うと魔法のような絵を吐き出してくれます。まるで魔法のステッキですね。

だけど、GFX50SはコントラストAFでさらに瞳認識のエンジンも少し緩いところもあって、‪SIGMA105/1.4‬のAF精度が良くても結果的にAF精度が少し残念なのです。(SHOTENのEF-FG01が前ピンよりなところがそれに拍車を掛けているかも。)

これまではそんなものと我慢していましたが、CP+でα9に触れて驚きました。まるで軍事兵器のように対象をロックオンします。被写体が激しく動いてもススッと追従します。

何これ未来の兵器?

α9に触れて以来、‪ポートレートだけはα9とSIGMA105/1.4‬で撮りたいなあと考え始めるようになりました。

え?キミ、富士ラブじゃないの?

だけど自分は富士フイルムが好きなのです。そしてブログでは常日頃から富士フイルムは良いカメラと言っています。

この記事を読んでいる人は少なからず自分が富士フイルムを使っているから、さらに言えばGFX50Sを使っているから見ている人も多いのでは無いでしょうか?

今の現状

GRIIIが盛り上がっているけど

この記事を書いている今(2019/3/18(月))、リコーが出したコンパクト高級コンデジGRIIIの話題で盛り上がっています。

しかし、GRIIIはおそらく来週になれば中古がドッと増えるでしょう。なぜなら、レビューの動画を作ったYouTuberや記事を書いたブロガーが、高値で売れる今このタイミングで、売るからです。

GRIIIは新品で11万円ですが、8万円で売れます(ともにマップカメラ。2019/3/18(月))。新品同様ですから、メルカリに出したら9万円後半台で売れるかもしれません。

彼らは損しません。丹精込めて作った動画や書いた記事で購買欲を唆られたユーザが、ベタベタと貼られたアフィリエイトを経由してGRIII買ってくれて儲けられるからです。

彼らにしてみれば、初期投資3万円で今後利益を産んでくれる金の卵を買ったわけです。GRIIIになんて、そこまで興味はありません。

XF10は悲惨だった

XF10という富士フイルムから発売されているコンデジがあります。これは悲惨でした。

発売当初はAPS-Cセンサを搭載したコンパクトかつ低価格なカメラという事で多くの人が購入していましたが、レビューが終わった後は即売られていました。

そのレビューはやはり購買欲を唆るような内容が多かったのですが、ただ実際のところXF10はイマイチな点も多く手放しに絶賛とはならないカメラでした。

良心ある(そしてカメラが好きな)YouTuberやブロガーはきちんと悪い点含めレビューしていましたが、金の卵としかみていないYouTuberやブロガーはただ絶賛するレビューでした。

彼らは動画や記事では他人の購買欲を煽る一方で、裏では売り抜いていたのです。

発信する側の責任ってなんだろう?

今でこそ慣れましたが、自分がカメラを始めた当初、YouTuberやブロガーが動画や記事で絶賛していたカメラやレンズを短期的間で売る事、そして絶賛していた動画や記事には売ってしまった事すら書かないことに抵抗感を感じていました。

動画や記事を見て「この人が使っているなら」という思いで買った人が、発信者は実はもう使ってないと知ったらどういう気持ちになるのかということを考えてしまっていたのです。

我々カメクラが趣味のカメラやレンズに年ン十万の投資することは、ままあると思っています。

しかし、動画や記事を見る人の中には、そうお金もかけられない人もいると思っています。

そういう人たちがレビューを見てカメラを買った後に、実はレビュアーはもう売ってしまった後だと知ったら。

言葉は悪いですが、裏切られたと感じる人もいるのではないでしょうか。

発信する側にも自由はある

ただ一方で、自分も発信する側の立場として「レビューを書いたのだから責任をもって一生使え。」と言われたら、それは違うと言うと思います。

発信する側も一消費の面もありますので、レビューに縛られて使っているカメラやレンズが売れない、新しいものが買えないというのはおかしな話です。

新しく良いものが発売されたら買うのです。そこに発信者と受け手側に差はありません。

まとめ

この問題は結論が出ないのです。

だから、この事について考えることについても無駄なのかもしれません。

ただ、自分にわかることが2つあります。

1つ目は、GRIIIのレビューが溢れ購買欲を唆るような動画や記事が量産されると思いますが、裏では売り抜けているレビュアーも多いことです。あなたが見るべきはレビューの動画や記事だけではないかもしれません。

そして2つ目は、この記事の冒頭でα9を使いたいと言いましたが、やはり自分はこれからも富士フイルム一本で行くということです。カメラの魅力ってAFだけじゃないですからね。例えばCP+の富士フイルムブースのお姉さんたち、すごく綺麗だし。

社会派記事と謳いつつ、お得意の取り留めもない記事を書いてしまいました。でも、あなたの心に引っかかるものがあるといいな、と思います。

created by Rinker
富士フイルム
¥595,000
(2019/08/23 19:46:27時点 Amazon調べ-詳細)

★お願い★

この記事を少しでも良いねと思ったら、記事内のボタンを押してTwitterなどへシェアをお願いします!飛び上がって喜びます!