オサムシュラン

[雑談]少食でもラーメン二郎を食べきる3つのコツ

どうも!いつもご覧いただきありがとうございます!

カレーは飲まずに味わう派の人、雄佐武(@OSamphoto1)です。

一般的な男子大学生は、講義、サークル&部活帰りに友人を誘ってラーメン屋に行く機会が多いと思います。特に運動部の男同士だと頻繁で、しかもデカ盛り系のお店が選ばれがちですよね。かくいう自分も、大学の時は運動部に所属しており、デカ盛り系のお店は飽きるほど行ってました。特にラーメン二郎やインスパイア系は、週一ペースで通っており、本当に飽きてもおかしくないくらい食べました。

男は、時に見栄をはる生き物

ただ、自分は量を食べられる方ではなく、デカ盛りのお店も付き合いで通ってはいましたが、できれば避けたい派だったのです。しかし、男は、特に運動部系の男は、強がっていたい生き物です。酒に弱くても吐くまで飲み、デカ盛りを食べれなくても吐くほど食べ、そして吐き終わったらケロリとした顔でお代わりを要求してこそ真の男という、旧世代の謎文化が残っています。(もちろん、吐かない方が、なお良し。)

昨今は、アルハラの浸透で酒を飲めない人がいる事への理解は進みましたが、量を食べられない人がいることについては、理解が進んでません。むしろ、運動部にとっては、量を食べることは身体を大きくするために推奨されている雰囲気すらあります。そのために、運動部で量食べられない奴はチキン(軟弱者)扱いされてしまうのです。そういった屈辱的な思いをしたくないがために、男は、時に見栄をはる必要があるのです。

ラーメン二郎を完食するコツ

そして、体育系の登竜門は二郎です。(東京の人だけだけど。)

東京の運動部は、皆んなで仲良くラーメン二郎(以下:二郎)を食し、デザートにチョコレート味のプロテインを飲むことが日常なのです。必然的に少食な運動部の人は、二郎を攻略すれば勝ったも同然です。

ここからは、二郎を完食するコツをご説明しようと思います。

二郎は、醤油分濃いめのとんこつ醤油のラーメンで、大量の背脂、麺は太くストレート、大盛りの茹でたモヤシ、厚めのチャーシューが特徴です。そして何より麺の量が多い!普通のラーメン屋の倍以上あります。これを普通に食べるのは、少食の人には至難の技です。でも、大丈夫!今から教える3つのコツで、確実に二郎を完食出来るようになります!

コツその1:麺はドンドン伸びる!着丼したら”天地返し”をせよ!

二郎のラーメンは通常のラーメンと比べて、太く食べ応えがあります。完食するかは、麺をいかに伸ばさないかにかかっています。この麺はスープを吸いやすく、モタモタと食べているとスープを吸い、麺がデロデロな状態になります。そこまではいかなくても、スープを吸った麺は重さが増し、さらに食べ応えが増してしまいます。少食な人は、こうなったら間違いなく完食出来ません。なので、これを防ぐために“天地返し”をしましょう!

“天地返し”は、麺をモヤシの上に乗せることです(大仰な名前ですね笑)。通常、スープに浸っている麺をもやしの上に移動して、もやしをスープに浸らせ、麺をスープから遠ざけるわけです。これによって、麺が伸びるスピードを、劇的に遅く出来るのです。モヤシが大量に出てくる二郎ならではのテクニックです。

天地返しのコツは、初めに手前のモヤシを奥に移動させ、空いたスペースから麺を引き上げモヤシの上に乗せるのです。コツは、麺が空いたスペースに奥側のモヤシが移動させることを意識してください。また、2、3回かけてやることも。たいだい下手な人は1回でやろうとして、麺、モヤシ、果てはスープをこぼすのです。失敗した姿は、正直見ていて見苦しいです。慌てずにやればまず失敗しないので、落ち着いてやりましょう。

▼転地返しのビフォーアフター。5秒で出来るようになればキミも一人前だ。

コツその2:麺は噛むな!飲め!

お腹一杯と感じるメカニズムをご存知でしょうか?

簡単に説明します。人は、噛むことで脳にある満腹感を得る期間”満腹中枢”が刺激され、ある程度の刺激がくると食欲を抑制するホルモンを出すのです。このホルモンが出た時に人は、お腹一杯と感じるです。逆に言うと、満腹中枢を刺激しなければ、お腹いっぱいと感じないのです。ここに、二郎を完食するヒントが隠されています。

勘がいい方は分かったと思いますが、大量に食べるためには、単純に噛まなければ良いだけなのです。つまりは、二郎を食べる際にも、噛まなければ良いのです。チャーシューやモヤシを噛まないのは難しいですが、麺なら脂でコーディングされているためスルスルと入ります。なので、麺は噛まずに飲めばいいのです。そんな事できるの?と思ったかもしれませんが、江戸時代の日本人は「蕎麦は喉越し」と言って、蕎麦を充分に噛まずに飲んでいました。現代社会にいる我々にも、その血は流れています。飲みましょう。「いや、噛んで小麦の風味を味わいたい、せっかくの麺が勿体ない!」と思うかもしれません。ただ、大体の人は上手く飲み込めず飲み終わりの最後に噛んだり、そもそも後半になってくると満腹中枢が働いてきて飲むのがキツくなり、噛まざるをえなくなります。飲めるうちは飲んでおきましょう!

余談ですが、自分の中で、この飲む行為は競泳の潜水に通じるものがあると思っています。説明は省きますが、競泳はどの種目でも潜水で泳いだ方が、圧倒的に記録が出やすいのです。これに目をつけたのはなんと日本人で、長い距離を潜水で泳ぎまくりオリンピックで金メダルを量産しました。ただ、このことを好ましく思わなかった憎っくき鬼畜米英供が、安全性という建前でルールを変更して、潜水距離に制限を課したのです。この事は大変残念ですが、二郎を食べる上でのルールはありません!どれだけ麺を胃に潜水させても良いのです!大和魂を胸に、潜水しまくりましょう!

▼慣れれば、一目麺を見ただけで、飲みやすいかどうか判別できる。それはあたかも、歴戦の空手家が相手の構えだけで実力を測れることと同じなのであった。

コツその3:チャーシューは満腹中枢にダイレクトにくる。抜け!

チャーシューを見てください。普通のラーメン屋が出すペラッペラな情け無いチャーシューと比べて、なんと雄々しい事でしょう。このチャーシューが食べたいが為二郎に通っている人も多い、と言っても過言ではないです。この世のメシを旨い順に並べたら、圧倒的な上位に来るのは間違い無いでしょう。フォアグラのテリーヌやシャロレー仔牛のフィレより上なのは間違いないです。正直このチャーシューだけ売ってくれないかなと思っています。

ただ、このチャーシューですが、しっかりと味があり且つ食べ応えがあるため、満腹中枢をガッツンガッツン刺激します。胃に余裕なペースで食べていても、チャーシューを食べたら急にお腹いっぱいになってしまった、というのは二郎好きのあるあるネタです。なので、少食な人は抜きましょう。少しくらい味わってみたい、という気持ちも分からないでは無いですが、少しの油断が命取りです。また、残すという行為は、人としてどうかと思います。世界では、9人に1人が飢餓で苦しんでいるのです。出されたものはキチンと食べる。食べないと思ったら、最初から遠慮する。そういった我々の行動で、食品ロスはなくなるのです。

あれ?なんの話だったけな?そうそう、つまり、二郎を食べきる自信が無い場合は、チャーシューは予め抜いてもらいましょう。ある程度二郎に慣れたときに初めて食べれば良いのです。

▼程よく脂の乗ったチャーシュー。ただの豚の腕肉を調理したものだが、非常に旨い。かの魯山人が存命ならば必ず食し、その味に唸ったであろうことことは火を見るよりも明らか。

まとめ

さて、皆さん。あとは実践あるのみです。合言葉は“二郎は飲み物”です。特に運動部には、絶対に負けれらない意地の張り合いが多いと思います。挑戦を避けチキン呼ばわれされない為にも、しっかりとコツを実践して、成功者になりましょう!

P.S.

散々コツを説明したあとで恐縮ですが、健康第一で。

created by Rinker
オプティマムニュートリション(Optimum Nutrition)
¥2,994
(2019/10/15 07:20:15時点 Amazon調べ-詳細)

★お願い★

記事を少しでも良いねと思ったら、記事内のボタンを押してTwitterなどへシェアをお願いします!飛び上がって喜びます!