ガジェット

さよならAirPods!Powerbeats Proが最強すぎるから秒で買い換えた方がいい。

どうも!いつもご覧いただきありがとうございます!

雄佐武(@OSamphoto1)です。

ワイヤレスイヤホンって便利ですよね!

自分は元々をAirpods発売日に買って使ってるくらいAirpodsが好きなんですが、ただちょっと不満があって、他に良いのないかなーと探していました。

そこで見つけたのが、Powerbeats Pro!これが本当に良かったので、レビューしていきたいと思います!

  • Apple製品との相性バツグン!
  • バッテリーが長持ち!約2倍!
  • カナル型ゆえの没入感、音質の良さ
  • 物理ボタンがグッド!
  • ケースがデカ過ぎてポケットに入らない?
  • お値段が高い?

開封の儀

まずは開封の儀。Apple製品の化粧箱は、買って良かったなって気分が向上しますよね!自分は黒を買ったので、パッケージ全体が黒いデザインです。

外箱を開けると、beatsマークが押された内箱が!カッコいい!

内箱を開けるとPowerbeats Proのケースが埋まっています。かなり存在感がありますね!

横から見るとその存在感がよく分かります。このコロンとしたフォルムがまたカッコいい。

箱から取り出してみました。

Powerbeats Proのケースを開けるとフック型のカナル型イヤホンが収納されています。ちなみに、写真では分かりづらいですが、イヤホンとケースに電子接点があり、そこからバッテリーを供給しています。

LightningケーブルはPowerbeats Proのボディカラーに合わせた黒!カッコいい。Powerbeats Proは、残念ながらワイヤレス充電には対応していません。Lightningケーブルで充電します。またイヤーチップは最初に付いてる物を含め、4サイズもあります。これだけあると、ぴったりフィットするのが見つけられますね!

Powerbeats Proのここがすごい!

Apple製品との相性バツグン!

Aipodsの第二世代でも採用されたH1チップ搭載されているので、Apple製品とのスムーズな連携は流石の一言!

例えばiOSとの連携はケースをパカっと開けるだけで、ペアリングを開始してくれます。iPhoneに接続ボタンが表示されるので、ワンタップするだけ。煩わしいペアリング作業を一気にやってくれます。

ペアリングが終わったら、他のApple製品ともiCloudアカウントを経由して連携してくれるので、もうそれですることなし!

接続ボタンをタップすると、あっと言う間にiPhoneにペアリング完了。Powerbeats Pro専用のアイコンがカッコいい。

一度ペアリングされると、ケースを開けるたびにバッテリー残量を表示してくれるようになります。

バッテリーが長持ち!約2倍!

ここがAirpodsと比べてPowerbeats Proが優れているところです!

連続再生時間は、Powerbeats Proは9時間で、AirPodsの5時間を大きく上回っています。約2倍も長持ちします!外出しているときや作業中にずっと音楽を聞いておきたいと考えると、Airpodsの5時間はやや不満ありですよね。充電ケースを使うことで24時間以上再生することはできますが、ぶっちゃけそれは煩わしい。そんなときPowerbeats Proは9時間はありがたいです!自分はブログを書いたり、現像作業をしながら音楽を聞きますが、この改善は本当に嬉しいです!

また、9時間も連続再生可能だとあまり無いと思いますが、もしバッテリーが足りなくなって充電したいときも、たった5分間の充電で最長1.5時間も再生することができます。充電時間が短くなったのも嬉しいですし、充電効率もAirpodsの1.5倍になっています。これは素晴らしいですね!

Powerbeats ProAirPods(第2世代)
ワイヤレス充電×
連続再生時間9時間(1.8倍)5時間
充電ケースを使った再生時間24時間以上24時間以上
充電ケースの充電速度5分間の充電で最長1.5時間の再生(充電効率:18(1.5倍))15分間の充電で最長3時間の再生(充電効率:12)
高速充電

カナル型ゆえの没入感、音質の良さ

ここが一番の違いですが、Powerbeats Proはカナル型ゆえに遮音性があるので、音への没入感があります。

Airpodsは形状の都合で、周りの音が入ってきしまいます。Airpodsで没入感を出すためには、音量をあげるしかないのですが、これによりただでさえ音が漏れやすい形状なのに、さらに音を周囲に撒き散らすることになります。朝の通勤で満員電車に乗ったら隣から爆音が流れてきて迷惑だと思ったら同じAirpodsユーザーだったことが、なんと多いこと。おそらく自分も少なからず迷惑をかけていたと思います。他人に迷惑をかけないようにボリュームを落とすと音楽を充分に楽しめない。そういったジレンマがAirpodsにありました。

しかし、PowerBeats Proはカナル型のお陰で遮音性が高く、付けただけでも周りの音声がシャットダウンされます。さすがにノイズキャンセルイヤホンには負けてしまいますが、日常会話レベルなら消えてくれます。お陰で音漏れをする心配をすることなく、充分に音楽を楽しむことができます。

自分のAirpodsの不満の一つが音漏れだったので、PowerBeats Proの購入で不満が解消され非常に満足しています。

物理ボタンがグッド!

PowerBeats Proの良さはなんと言っても物理ボタンが搭載されたのも大きいですよね!bボタンを1回押すことで再生/停止を、2回押すことで曲送りをすることできます。また、bボタンの隣にある音量コントロール専用ボタンで音量上げ下げをすることをできます。いちいちiPhoneを取り出さなくても、PowerBeats Proだけで完結するのが嬉しいですよね!

Airpodsでは、Airpods自体をタップで操作することできましたが、残念ながら感度があまり良くなくて誤作動することも多かったので、PowerBeats Proで物理ボタンが付いたのは嬉しいアップデートです!

Powerbeats Proのここがダメ!

ケースがデカ過ぎてポケットに入らない?

Powerbeats Proのケースはなかなかデカいです。掌に載せると、少しはみ出してしまいます。Airpodsならポケットにサッと入れて外出するということも出来ましたが、Powerbeats Proではやや辛いでしょう。

ただ、Powerbeats Proはバッテリーの持ちが9時間もあるので、ちょっとした用事での外出ならケースを持たないという考え方もあると思います。しかも、5分の充電で1.5時間も再生できるので、充電を忘れててもほぼ問題ありません。案外、ケースが大きくても問題ないですね!笑

お値段が高い?

Amazonでの比較では、Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)は¥22,980、Powerbeats Proは¥24,094です。(詳しくは下記リンクを参照ください。)

ほぼ¥1,000程度ですが、Powerbeats Proの方が高いですね。ただ、性能差や元の値段を考えると、この程度は誤差の範囲と思います!

総評:Powerbeats Proは買いか?

買いです!

Airpodsを正統進化させた、Airpodsという感じです。

しっかりフィットするので快適ですし、バッテリーが改善されたことでかなり使いやすくなりました!AppleのCMではスポーツのようなアクティブなシーンでの利用をアピールしていますが、日常使いもかなりありです!いまのAirpodsの使いづらいなと思うところの多くを解決してくれているPowerbeats Pro。Airpodsユーザーにこそ使ってほしいと思います!自分は買って本当に良かったと思ってます!

created by Rinker
¥26,784
(2019/09/18 08:28:34時点 Amazon調べ-詳細)

★お願い★

この記事を少しでも良いねと思ったら、記事内のボタンを押してTwitterなどへシェアをお願いします!飛び上がって喜びます!

余談ですが、、

IT屋さんなら一度は思ったことあると思うんですけど、beatsのマークってIBMのパッチ管理ソフトBIGFIXに似てますよねえ笑。