カメラ・レンズレビュー

Leica M10-Pの色味について思うこと(富士フイルムGFX50Sと比較)

どうも!いつもご覧いただきありがとうございます!

写真を撮るより呑んでばかりな人、雄佐武(@OSamphoto1)です。

Leica M10-P(以下、M10-P)を購入して一週間が経ちます。

【作例あり】Leica M10-P(Safari)+Summicron 50mm/f2(Safari)外見レビューどうも!いつもご覧いただきありがとうございます! お久しぶりの更新でブログの書き方を忘れている人、雄佐武(@OSamphoto1)...

この間は毎日M10-Pで撮影したくて会社から帰ったら自分の机の上やカーテンなどを撮っていました。たいして撮るべき珍しいものでもないのに。

週末にBBQをやったのですが、そこにもM10-Pを持参し友達をパシャパシャ撮っていました。ただ、友達が連れてきた子供に貸したら、焼肉のタレを付けられました笑。綺麗に拭き取れましたけど笑。

M10-Pで撮影していてふと思うのは、渋い色を出すなあと。ゆるふわと正反対に位置するダークな雰囲気が自分には新鮮に映ります。それもそのはずで、自分はこれまで富士フイルムのカメラGFX50Sを利用しており、しかも鮮やかでありつつも淡い色合いの設定で撮っていました。

カメラでありつつもメーカによって色づくりが違うことが面白くなったので、M10-PとGFX50Sで同一条件&同一被写体を比べてみました。被写体は自分が一番初めに購入したカメラ「X-Pro2」です。手持ち撮影なので角度のズレはあるのはご愛嬌。

比較画像を作りました。左がM10-Pで右がGFX50Sです。

M10-Pは全体がダークな色味で、レリーズの赤やZEISSマークの青も退廃的な色合いです。ただ、黒が締まっているお陰で、被写体が締まって見えます。一方、GFX50Sは鮮やか色味で、レリーズの赤やZEISSマークの青も発色が良いです。黒のが色表現豊か&明るく、好印象を残しやすい色合いになっています。

この二つの写真の比較でどちらかで良いといったことを伝えたいのではなく、カメラメーカそれぞれに特徴があって同じ被写体でもカメラやレンズによって印象が変わるな、ということです。

個人的にはM10-Pは男性撮影向けGFX50Sは女性撮影向けかなと思いました。ただ、M10-Pで女性を撮るのも面白そうだと思います。M10-Pでポートレートやってみようかな。

★お願い★

この記事を少しでも良いねと思ったら、記事内のボタンを押してTwitterなどへシェアをお願いします!飛び上がって喜びます!