オサムシュラン

五反田駅のお寿司屋さん「阿部」は稀に見る高コスパ店

どうも!いつもご覧いただきありがとうございます!

こう見えて結構メシには拘る男、雄佐武(@OSamphoto1)です。

五反田駅には有名な寿司屋があります。そう!「寿司処 都々井」ですね。

「寿司処 都々井」と言えば、安くて(一貫あたり80円〜)うまい駅前の立ち食い寿司として中小企業のお父さんたちの胃を満たしてくれた癒しスポットです。

この日の自分は、前日からTwitterのフォロワーさんと寿司を食べに行こっか〜っと、話をしているうちに、なんだかむずむずと寿司が食べたい気持ちが湧き、昼飯前ということもあり五反田まで寿司を食べに行きました。

腹いっぱい寿司を食べるんだと、この時の自分の気持ちは「小僧の神様」に出てくる小僧でした。

阿部 五反田店

完全にやられました。「寿司処 都々井」は17:00開店のお店でした。

気付いたのは五反田駅を降りて食べログで住所を調べようとした時。引き返そうにも、時すでにお寿司状態でした。

五反田にはミート矢澤という絶品なハンバーグのお店もあるので気分を変えてそっちに行っても良かったのですが、すっかり身体は寿司モード。

食べログで辺りの寿司屋をさっと調べると、評価が高い割に値段は安い「阿部」というお店を見つけたのでそちらに向かうことにしました。

外観

五反田駅から歩いて10分程度の場所にあるマンションの1Fに、寿司屋の阿部はありました。

阿部の玄関はザ・寿司屋といった古風な趣で、半袖&短パンの自分がこの店に自分が入るのは場違いになるのでは、と躊躇しそうになりました。

しかし、ここまで来て怖気付き帰るのは勿体無いと、恥も外聞も捨て扉を開けました。

1.

内観

扉を開けて先に待っていたのは、作務衣がよく似合う可愛いらしいお姉さんはもですが、目の前にあるL字型のカウンターと右手側にある広そうな畳の小上がりでした。

ランチの営業時間中はカウンターのみを使うようで、小上がりには誰もいませんでした。

カウンターには50〜60歳くらいのナイスミドルなおじさま、おばさま達がジャケットや襟付きの服で食事を楽しんでおり、やはり半袖短パンは自分だけか、と少し恥ずかしくなりました。

穴があったら入りたい気分でしたが、作務衣のお姉さんは優しく接客してくれました。

自分の持論「美人は心が綺麗」がまた証明されたな、とつまらぬことを考えながら、寿司が来るのを待ちました。

寿司

お店に入る前はパシャパシャと写真を撮りまくろうと思ったのですが、予想以上の格式高い雰囲気にあまり写真は撮れませんでした。

職人さんが寿司を握っている姿も撮りたかったのですが、iPhoneのシャッター音が(心境的な面もあり)予想以上に響くので最低限の撮影にとどめました。

ああ、メシ撮り用のカメラが欲しい。

前菜

前菜は、茄子のおひたしでした。上品に味付けで、さっぱりとしていました。

ただ、なぜ茄子なんだろう、と少し不思議な気持ちにはなりましたが。まあ、美味しければいいんですけどね。

2.紫陽花の日本画が趣あります。

メイン

さあ、お待ちかねのお寿司です。

自分が頼んだランチセットは、握りと軍艦巻が12貫、巻物3切れにお椀まで付くというボリュームあるセットでした。

セットの値段は最後に書きますので、ここでは写真を見てお幾らくらいかを想像してみてください。

寿司のネタは、北は北海道と南は鹿児島と日本全国の漁港から新鮮な魚を取り寄せられたものであり、新鮮そのものです。

また、この店の店主は魚沼出身の米農家であり、お寿司のシャリは魚沼産コシヒカリ。しかも、店主がわざわざ足を運び目利きした、厳選されたコシヒカリを使うのだとか。(*1)

ここまで拘ったネタとシャリの組み合わせで、美味しくないわけがありません。

お互いがウマ味を引き出し合い、どれも舌が幸せになるような味でした。

3.左上から、中トロ、イカ、マグロ、ハマチ、アジ、ホタテ、子持ち昆布。左下から、エビ、アナゴ、ネギトロ、ウニ、イクラ、カンピョウ、ネギトロ、カッパ。たぶん合ってる。

4.トロけそうなウニですね。実際に口に入れるとスッとトロけました。

気になるお値段は?

さてさて、気になるお値段ですが、一体いくらだと思いますか?

ネタにもシャリにも拘ってて場所も五反田とは山の手線の駅だからお高いんでしょう?と思われたかもしれません。

それがなんと、お値段は2,200円です!

一般的なランチ比べたら当然高いですが、握り寿司が一通り食べられるとなると信じられない値段ですよね!

ランチメニューは充実しており、もっとお得に握りを楽しめるセットもあるんです!

日替りランチ 1,100円
大盛りランチ 1,500円
塩沢     1,700円
魚沼     2,200円

しかも、ランチビールは400円!これはもう、行くしかないですね!

★お願い★

この記事を少しでも良いねと思ったら、記事内のボタンを押してTwitterなどへシェアをお願いします!飛び上がって喜びます!

(*1)