GF32-64mmF4

晴海埠頭で中判ポートレート(GFX 50S+SIGMA105mmF1.4)

どうも!いつもご覧いただきありがとうございます!

実はそこそこデートスポットに詳しい人、雄佐武(@OSamphoto1)です。

今回も白シャツ美少女こと、abcさん(@dabcphoto)と一緒にポートレートを撮影してきました。モデルさんはこのブログですっかりおなじみの美少女です!

(過去記事はこちら)

続・深夜の丸の内で美女と光の白シャツ魔法少女と中判ポートレート(GFX 50S+GF32-64mmF4)どうも!いつもご覧いただきありがとうございます! 社会人になってから新年の目標が「今年こそ痩せる」な人、オサム(@OSamphot...

機材

カメラ

GFX50S

富士フイルムの中判カメラです。みんな買おう!

created by Rinker
富士フイルム
¥595,000
(2019/06/18 06:05:11時点 Amazon調べ-詳細)

【作例あり】GFX50S+GF63mmF2.8 R WR外見レビューどうも!オサム(@OSamphoto1)です。 先日も書きましたが、富士フイルムのGFX50SとGF63mmf2.8 R WRを購...

レンズ

SIGMA105mmF1.4

レンズの性能に全振りしたせいで、重さ1.6Kgだとか口径φ105mm(何気に焦点距離と同じ)だとか色々とヤバいことになってるレンズです。だけど、その分とにかく写りがスゴい!ネ申レンズ

GF32-64mmF4

換算25-51mmの2倍ズームレンズ。単焦点並みのシャープな写りで撮る者を魅了する。GFXにはこれさえあればいいかも。これもネ申レンズ

created by Rinker
富士フイルム
¥261,954
(2019/06/18 09:39:58時点 Amazon調べ-詳細)

アダプタ

SHOTEN EF-GF01

EFマウントのボケマスターを、GマウントのGFX50Sで使う為のアダプタ。AF効くし最高!これがあればキヤノンのレンズをGFX50Sで使えるぜ!(SIGMA105mmF1.4みたいにケラれないレンズもあるよ!)

ポートレート

..の前にメシだっ!

最近めっきりと酒に弱くなってビール一杯で十分酒がまわるようになってしまいました。実は撮影の前日に小田急線フォトウォークに参加し(というか開催し)、夜にそこそこ酒を飲んで二日酔い気味だったのですが、酒の疲れは酒で解決!ということで、昼から丸の内で中華とおビールを楽しみました。


途中までは3人で他愛も無い話をしていたのですが、モデルさんが大学3年生という事を聞いた途端に自分の中で謎のスイッチが押されてしまい「就職活動は大事!」という事を熱く語ってしまいました。人脈があーだこーだとかSEには絶対なるな、と言った記憶があります。ちょうどモデルさんと自分は一回り年が違うこともあり、第三者から見たら若い女の子に説教を垂れ場を白けさせるおっさんの図そのものだったと思います。あーやだやだ。年はとりたくないねえ。

“あの頃の僕らが笑って軽蔑した 空っぽの大人に 気付けばなっていたよ”

@晴海埠頭

当初は葛西臨海公園で撮影しようとしていて、モデルさんにはデートをイメージした服でお願いしますと伝えました。しかし、諸事情があり葛西臨海公園から晴海埠頭に変更になりました。ただ、晴海埠頭もデートスポットらしく、TripAdvisorの認定シールが貼ってあります。結果オーライ。確かに海が見えて眺めが良いですね。お金のない学生カップルが非日常感を楽しむには丁度いいのかなと思います。東京駅からバスで30分かかりますが210円で行けますし。学生はお金がないけど、時間は売るほどありますもんね。彼氏彼女が肩を寄せ合いキャッキャウフフとバスに揺られている姿が目に浮かびますね。でも、まー、ここに何回も来てますけど、いまだにそんな人見てないんですけどねー笑。

撮影スタイル&現像スタイル

撮影スタイル

いつもabcさんと同じタイミングで写真を撮っていたのですが、abcさんの提案で5分の所要時間で交互に撮りました。なので、今回はabcさんとは写真の構図含めもろもろ違うのです。撮影が終わった後にabcさんの写真を見せてもらいましたが自分が気付かなかった観点で写真を撮っていて学びがありました。こういうの面白いです。

現像スタイル

いつもの自分ならフィルタをガッツリとかけて色々と加工しまくるのですが、今回は富士フイルムの色を楽しもうかな、とJPEG撮って出しでトーンカーブ以外は触りませんでした。フィルムシミュレーションはProNeg.Hiです。自分にはProNeg.系くらいの諧調の柔らかさが丁度いいですね。Proviaは少し階調が固く色が鮮やかに写ります。撮って出しだけならそれで良いのですが、アレンジを加えるにはもう一声マイルドになって欲しいなと。まー好みの問題なんですけど。

写真

▼あー嘘ついた。これだけは例外。髪と背景にかすみの除去を当てたわ。▼あとは撮って出しと弄ってもトーンカーブくらい。 ▼この肌色が好き。ProNeg.系じゃないと出ない色だと(勝手に)思ってる。あ、瞳の中に自分が写ってる。‪SIGMA105mmF1.4‬の解像力やばすぎ。 ▼今回、一番よく撮れたと思った写真。モデルさんの表情がツボ。あと全体的にほどよく軟調だし。髪色もProNeg.の良さが出てる。▼いつもの。いいね! ▼晴海埠頭っぽさを入れた。 ▼この日は風が強く顔に髪がかかることが多かったから、じゃあいっそのこと束で!という発想でお願いした。もちっとピントがあってれば。

▼ここらへんからGF32-64mmF4の写真。広角で撮ると足が長く見えるよね!(あ、元からか!) ▼これも好きな写真。表情も良いし、ほっぺの柔らかさが伝わってくる。▼全脚フェチに捧ぐ写真。こういう写真を撮るとabcさんに「雄佐武さんは脚フェチ!」と毎度言われるが、決して自分の為ではない。これは、このブログを見ている脚フェチの貴兄らの為に撮ったのである。決して自分の為ではない(2回目)。あえてトーンを暗くして生々しさを出してみた。▼足長写真3連続。広角で撮ると元々長い脚がさらに長く見える。あ、これらの写真は赤色の色相弄って濃くしてます。

まとめ

如何でしたでしょうか?無意識なんですけど脚の写真多いですね。もしかして自分は脚フェチなのでは、と思ってきました。

こちらはabcさんの写真です。

★お願い★

この記事を少しでも良いねと思ったら、記事内のボタンを押してTwitterなどへシェアをお願いします!飛び上がって喜びます!