藤沢エリアの不動産売却事情

藤沢エリアは南部と北部に大きく分けることができます。今まで海に近い南部が人気があり不動産価格も南部が高めでした。ところが、塩害発生そして震災の影響から北部に人気が高まったことから、南部・北部の価格差がほとんどありません。

不動産売却したい人は知っておいた方が良い基礎知識

相場にあった売り出し価格を設定する

売主は相場よりも高値を付けがちですが、他不動産との比較、過去の成約事例などを参考にしている買主も多いため、売却時間を短縮するためには相場よりも高すぎることは避けておきます。

契約までのスケジュールは多めに見積もっておく

売り出し価格の決定や契約スケジュールなど、時間がかかります。売却金額をすぐに別の支払いに充てたいという場合には、スケジュールをしっかり立てる必要があります。

諸経費や税金の支払い発生もある

不動産売却にはさまざまな経費が発生しますし、利益の発生によって税金の支払いも発生します。

ローン残額を確認しておく

ローンが残っている場合には、残額を確認しておきます。不動産に抵当権が設定されている場合には、抵当権の抹消が必要になります。

引き渡し条件の契約をしておく

売買契約締結後、引き渡しまでに物を運び出すだけでなく、建物の修繕はどうするのか、庭などがある場合には植木などはどうするのかなど、買主とどのような形で引き渡すのかの確認が必要です。

早い解消策

マンションの模型

藤沢では、不動産売却に専門家(仲介業者)が携わり、買い手を見つけてくれます。また、買い手が見つからずとも、保証が備わっていれば、業者側が買い取ってくれます。広告を打ち出したり、オークションに出したり、手を変え、工夫を凝らして早めの不動産売却を行うことに人気が集まっています。というのも、土地・建物以外にもかかるお金がありますし、時間をかけるだけメンテナンスの問題も生じるからです。少しでも売却した際の価格は高めであって欲しいのは売り手の声です。もちろん、買い手は少しでも安く取得したいでしょうが、そうなれば、あちらこちらにメンテナンスが必要になり、予算オーバーになりがちです。だからこそ、スピード感ある売却に人気が集まっています。

トラブルを解消

間取り図

藤沢では、資産運用となる不動産投資に注目が集まっています。そのワケは収益だけの話しではなく、財産をどう承継させるかで困っているからというケースもあるようです。遺言がなければ、法定相続によることになりますが、財産の所有者が法定相続通りになることを拒むこともあるようです。財産の所有者が事業を行っていて、相続人の誰かに事業を継承させたい場合には遺言により継承できます。これは不動産売却に当てはめることもできるワケで、投資家として事業をしていれば理解できないこともありません。不動産を継承してから不動産売却をして、利益をさらに投資に回すことができます。

双方が得をする

相談

藤沢の不動産売却は、相続トラブルでも注目されています。投資家であれば資産家とは断言できません。負債を抱えるケースもあるからで、負債まで快く相続する人はいないでしょう。だからこそ、不動産売却をして負債に充てることもあります。そうした情報は瞬時に不動産投資家にも伝わり、売却交渉をしてお得に取得することもある話しです。個人同士の取引では、売り手は早々と負債をチャラにしたいがゆえ、妥協した金額で交渉が成立するといいます。

広告募集中